いつも胸に溢れてるあなたへの想い②⑤⑥

NO IMAGE
いつも胸に溢れてるあなたへの想い②⑤⑥
タルト「さっそく部屋を見てみてもいいですか!?」

まどか先輩「いいよ〜、鍵かけてない部屋は好きにしていいよ」

まどか先輩「それに一人一部屋でもいいと思うよ!」

メリッサ「え!?それはちょっと悪いよな…」

エリザ「そうですわね…申し出はありがたいけど、無償な上に一人一部屋は気が引けますわ」

リズ「私達は4人一部屋で十分よ、それでも十分すぎるわ」

タルト「はい!私も一緒がいいです!」

まどか先輩「そう?それじゃあ好きな部屋ひとつ選んでね!」

タルト「さて…どうしましょう?」

メリッサ「住ませていただけるならどのお部屋でも構いませんよね?」

リズ「ええ、ここは直感でいいんじゃないかしら?」

エリザ「そうですわね」

タルト「うーん、それじゃあエリザ様が決めてください!」

エリザ「え?私が?」

メリッサ「そうですね、お願いします。エリザ様」

エリザ「…わかりましたわ。ただ一つよろしくて?」

リズ「なに?」

エリザ「本来なら私達はとっくの昔にこの世を去った者ですわ、でも奇跡的に数百年後の異国で蘇った…のかはわかりませんが」

エリザ「こうして4人一緒にいることができている…そこに上も下もないと思いますの」

タルト「?」

エリザ「つまり、ええと…私のことは“エリザ”で…いや“エリザ”がいいですわ!もう私は王女でもなんでもないんですの!」

リズ「ふふ、そういうことね…ええ、よろしく、エリザ」

タルト「わかりました!エリザ様!じゃなくて…エリザ!」



スポンサーリンク


メリッサ「よろしくお願いしますね、エリザ」

エリザ「おぉ…なんだか新鮮ですわ…!」

タルト「じゃあさっそく部屋を選んでください、エリザ」

エリザ「わかりましたわ!」

リズ「あなたの直感でいいわよ、エリザ」

エリザ「ええ」

メリッサ「素敵なお部屋をお願いしますね、エリザ」

エリザ「わかってますわ!」

タルト「楽しみですね!エリザ」

エリザ「ええ…と言うかその…」

リズ「なに?エリザ」

エリザ「いや…」

メリッサ「元気がありませんよ?エリザ」

エリザ「………」

タルト「エリザ?」

エリザ「だぁーーー!!!そんなにエリザって連呼しなくてもいいですわ!!!」

リズ「ふふ」

エリザ「くっ…!確信犯ですわね!」

リズ「さぁ、どうかしら?」

タルト「あの、それよりも部屋を…」

エリザ「あぁーもう!じゃあここですわ!鍵してなければいいんですのよね!?」

ガチャ

エリザ「あいた!じゃあこのですわ!」

エリザ「入りますわ!!」ズカズカ

リズ「ここでは靴を脱ぐのよ?」

エリザ「わかってますわ!」ダダッ

タルト「楽しそうですね」

こころ「んっ…//」
まさら「好き…//」

エリザ「にょわあぁぁぁあぁぁ〜〜〜!?!?」

タルト「?」

リズ「楽しそうね」

メリッサ「そうですね」

[紹介元] ほむか速報!まどマギ SS マギレコ まとめ【魔法少女まどか☆マギカ】 いつも胸に溢れてるあなたへの想い②⑤⑥

アニメカテゴリの最新記事